「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~」ソ・イングク&少女時代 スヨン、夫婦の演技で距離が縮まる

OCNドラマ「元カレは天才詐欺師~38師機動隊 DVD~」では、ヤン・ジョンド(ソ・イングク) とチョン・ソンヒ(スヨン) が詐欺を働くために、偽の夫婦を演じた。

チョン・ソンヒは、何の説明もなく食事をしようと提案するヤン・ジョンドの電話に出たが拒んだ。しかしチョン・ソンヒはヤン・ジョンドが自分の前に現れると、ヤン・ジョンドを助けることにした。

そして食事を終えたチョン・ソンヒは、オクニョ 運命の女 DVDヤン・ジョンドと散歩するうちに、すべての内幕が分かった。チョン・ソンヒは「二度と私を巻き込まないで」と話し、ヤン・ジョンドは「そうする」と答え、タクシーを拾って家に帰らせた。

38師機動隊 DVD


その中、今回の最高視聴率更新は、抜かりのないストーリーや迫真の演出、オクニョ 運命の女 DVDそしてソ・イングクの自由自在な演技変身に起因したという評価が高い。

所属事務所は、38師機動隊 DVD最高視聴率を記録した第8話でのソ・イングクの演説シーンはアドリブで誕生したものだと明かし、視線を引きつけた。劇中で500億台の詐欺劇を始めたヤン・ジョンド(ソ・イングク) が、マルチ商法の会社代表のチョ・ヒジュンに扮し、圧倒的な演説で話題を呼んだシーンで、「金持ち」と叫ぶシーンはソ・イングクのアイデアだったという。

「雲が描いた月明かり」キム・ヨジン、母性愛の演技でお茶の間を泣かせる

KBS2月火ドラマ『雲が描いた月明かり DVD』に出演する俳優キム・ヨジンが濃い母性愛の演技で視聴者たちの涙を誘っている。

『雲が描いた月明かり』にホン・ラオン(キム・ユジョン扮)の母親キム・ソサ役で登場するキム・ヨジンはホン・ラオンが胸の痛い恋をして、嫉妬の化身 DVD一触即発の危機に瀕している状況が自分のせいであるようで、いつも胸を痛めている姿を見せた。

雲が描いた月明かり DVD


特に先月27日に放送された11話で、キム・ヨジンがイ・ヨン(パク・ボゴム扮)の助けを借りてホン・ラオンと涙の再会を果たすシーンは、雲が描いた月明かり DVD視聴者の胸を鳴らして深い感動とともに最高の1分に選定されるなど、しばらくの間、深い余韻を残した。

キム・ヨジンは毎回切ない母性愛を描き出してお茶の間を涙の海にして注目を集めている。

制作陣はまた「俳優キム・ヨジンの存在感は格別だ。キャリアを引く女 DVD何よりも繊細でディテールな感情演技を介して、自分のキャラクターに完全になりきり、ドラマの完成度を高めるなど、今後も彼女の活躍に期待している」と伝えた。

「キャリアを引く女」12話チェ・ジウとチュ・ジンモ、裁判前に切ない再会

MBCの月火ドラマ『キャリアを引く女 DVD』が目を離せない、嵐のような展開を予告する。ハム・ボクゴ(チュ・ジンモ扮)の自首、最終的に開かれた彼の裁判、ハム・ボクゴの濡れ衣を晴らすために動くチャ・グムジュ(チェ・ジウ扮)とマ・ソクウ(イ・ジュン扮)まで。このすべてが、今日(7日)放送される12話で描かれて、視聴者をひきつける展望だ。

嵐のようなストーリーが予告された中で、チャ・グムジュとハム・ボクゴのロマンスは、切なさを形成していく予定だ。これと関連して7日、『キャリアを引く女』の制作陣は12話の放送を控えて、チャ・グムジュとハム・ボクゴの拘置所での出会いを公開して注目を集める。

公開された写真の中のチャ・グムジュとハム・ボクゴは机を挟んで向かい合っている。普段はよく言い争っていた2人だったが、空港に行く道 DVD2人の間には静かで寂しい雰囲気が流れている。黙って視線だけ交わす2人。しかし、お互いを見つめる目つき、表情からは切なさがいっぱいにじみ出て、視線を一気にひきつける。

キャリアを引く女 DVD


今日(7日)放送される12話でチャ・グムジュは2年間、ハム・ボクゴの知らせを聞くことができないまま生きていくことになる。そして、いきなり現れたハム・ボクゴは自首とともに警察に逮捕される。チャ・グムジュは嬉しくも、驚きもした再会の後、拘置所にいるハム・ボクゴを訪ねて行く予定だ。

何よりも、2人の出会いはハム・ボクゴの裁判を控えた状況だからこそ、青い海の伝説 DVD特別に感じられる。チャ・グムジュは2年ぶりに会ったハム・ボクゴにどのような言葉をかけるのだろうか。チャ・グムジュを見つめるハム・ボクゴの目は、彼女がどのような言葉を話したのか、その中に込められた切ない気持ちが何であるかに対する好奇心を刺激している。

キャリアを引く女 DVD』の制作陣は「劇中のチャ・グムジュとハム・ボクゴが2年ぶりに再会して、切ない感情を共有する場面だ。会話を交わす中、チェ・ジウチュ・ジンモが目で呼吸を合わせて感情を伝達した。嵐のような話の中で切なさを伝える2人の俳優の演技にたくさんの関心を送ってほしい」と伝えた。

「嫉妬の化身」24話あらすじ チョ・ジョンソクがパク・ジョンスに「コン・ヒョジンが俺を選んだ」

SBS水木ドラマ『嫉妬の化身 DVD』では、ファシン(チョ・ジョンソク扮)がジョンウォン(コ・ギョンピョ扮)の元彼女であるナリ(コン・ヒョジン扮)とつきあっているという事実を知り、首根っこを掴むファシンの母親(パク・ジョンス扮)の姿が描かれた。

自身の息子であるファシンが、ジョンウォンの彼女だと思っていたナリとキスをするところを目撃したファシンの母は、「この狂った子」と怒った。

以降、ファシンを荒い悪口と一緒に「お前は犬か。雲が描いた月明かり DVDなぜ友達の彼女に手を出すんだ」と叩き、これにファシンは「ジョンウォンと別れた」と食って掛かった。母の怒りにもファシンはナリを指し、「こいつが二股をかけたのだ。俺の方が好きだって。俺は勝った」と反論し、ファシンを止めていたナリは急いでファシンの母を見て、「申し訳ありません」と謝罪した。

嫉妬の化身 DVD


ファシンの母は、「この定見のない奴め。こんな普通の女の子の何が好いといって2人の男が言い寄るのか」と舌打ちをし、嫉妬の化身 あらすじこれにファシンは「じゃあ母さんは結婚式場に来るな」と言いながらファシンの母とナリを呆れさせた。

ファシンは、「こいつがどれだけ俺にもったいない恋人なのか」と言い、「俺は毎日会社を辞めようと辞表を出そうとして、雲が描いた月明かり あらすじ乳がんまである」とし、「俺はこの子を幸せにしてあげたい男だ」と言い、ナリに向けた気持ちを告白した。

映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」

映画「怪盗グルーのミニオン大脱走 DVD

絶賛公開中!

ユニバーサル/イルミネーションが贈る全世界待望の最新作!

怪盗グルーとその家族、そしてミニオンがついに帰ってくる!

この夏、グルーとミニオンの新たな物語が始まる!!

全世界待望のシリーズ最新作では、グルーはもちろん、家族になったアグネス・イディス・マーゴの3姉妹、そしてルーシーの前に新たな最強のライバル怪盗が登場!朴烈 DVDその名も、怪盗バルタザール・ブラッド!なにやら80年代風なスタイルが印象的なバルダザールですが、彼の狙いとは一体何なのか?!そして、グルーの最強?の相棒ミニオンたちは今作ではどんな大騒動を巻き起こすのか!?タイトルが指す“ミニオン大脱走“の意味とは!?シリーズ史上最大のスケールで繰り広げられる、笑いと興奮と感動の物語がいよいよ始まります!

本作の新悪党であるバルザタール・ブラットを逃してしまったことをきっかけに、妻であるルーシーとともに反悪党同盟をクビになってしまったグルー。怪盗グルーのミニオン大脱走 DVDその事態を心配した家族になった三姉妹のひとりであるアグネスは、生活を支えようとガレージ・セールを開催します。するとそこに、見ず知らずの男フリッツがやってきて、グルーに双子の兄がいること告げます。その知らせに驚き、興奮した様子でドルーに会いに行くグルーですが、そこにいたのは、髪は金色フサフサで裕福で思いやりがあり社交的、エネルギッシュで、人生を謳歌していて、みんなに愛される、自分とは全く正反対の人間だったのです…!

一方、人生タクシー DVD職も失いすっかり安定志向になってしまったグルーに呆れたミニオンたちは、新たなボスを探すために旅に出ることを決意したようで…?グルーとドルーの関係はいかに?ミニオンたちは、家出した先で、無事新たなボスを見つけられるのか?!

『朴烈(パク・ヨル)』 ~日本人女性を同志にした独立運動家の熱い闘い

『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』に続き、イ・ジュニク監督が日本の植民地下に実在した人物を描いている。前作が詩人、尹東柱ユン・ドンジュ)を主人公にした静謐なイメージの白黒作品であったのに対して、朴烈 DVD本作は独立運動家にしてアナーキストの朴烈(パク・ヨル)を主人公に据えた、熱く、原色が目に焼き付く作品だ。

登場する人物や出来事は事実に基づいていると監督は強調している。独立運動家の愛人としてはたいへん意外であったが、ヨルの愛人にして同志が日本人だったというのも事実だ。金子文子というアナーキストで、二人の出逢いは運命的で印象深い。ヨルは東京で車引きをして生計を立てているが、朝鮮人と分かるや、日本人客は正当な車代を払わないばかりか彼を足蹴にする。自身の境遇を書いた「犬ころ」という詩が同人誌に掲載されるが、リアル DVDそれを読んだ女給の文子は彼こそが生涯の伴侶だと確信し、同棲を申し出る。文子は親に捨てられ、朝鮮の親戚に売られ、虐待の中を生き延び、権力を不当に行使する者に対する怒りを煮えたぎらせていた。まさに二人は同志だった。

主なストーリーはこういうものだ。関東大震災後、「朝鮮人が井戸に毒を入れた」等のデマが広まり、6千人余りの朝鮮人が虐殺された。日本政府は虐殺を隠蔽するために、ヨルが皇太子を暗殺しようとしたという事件をでっちあげ、そちらに関心を集めようとする。ヨルと文子は状況を逆手に取り、冤罪であるのに罪を認め、VIP DVD裁判を権力者の不当性と蛮行を訴えるための公的な場として利用し、さらには独立運動の英雄になろうとする。

パク・ヨルは韓国でもそれ程著名な人物ではないようだ。監督は約20年前に『アナーキスト』(2000年)を製作中に彼を知り、その人生と思想に魅了され、考証を重ねて作品にした。これまで表舞台に登場しなかった彼の真実の姿を見せようという気迫を感じることができる。ヨルと文子が拘束され、裁判にかけられる過程は、日本の法廷で占領下の朝鮮人がこのように堂々と大胆な行動を取ることができたのだと誰もが驚く痛快なものだが、不自然さを感じさせることはない。また、監督の過去作品『王の男』(2005年)、『ソウォン/願い』(2013年)のように、力を持たない者たちの底意地を丁寧に描いて見せて、真骨頂を発揮している。

朴烈 DVD主演のイ・ジェフンは足蹴にされ、殴られる程に爆発的に熱を放つヨルを文字通り熱演した。ヨルと対等のエネルギーを放っていた文子役のチェ・ヒソは日本在住歴があり、自然な日本語を披露。彼女は『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』でも主人公を支える日本人女学生役で出演している。

ヨルと文子を翻弄した運命は日韓の不幸な歴史そのものだ。見終わって、それを思うと何とも居たたまれない気持ちがしたが、ヨルと文子が見せた、国同士が不幸な関係の時であってもそれを易々と越えてしまう、人と人の絆の強さに救いを見出せた思いがした。

「お父様、私がお世話します」29話 イ・テファンの胸が締め付けられる切ない涙

MBC週末ドラマ『お父様私がお世話します DVD』ではハン・ソンジュン(イ・テファン扮)が自分の出生の秘密により苦しむ姿が描かれた。

ソンジュンは自分が誰なのか、どこから来たのか混乱しながら、他の人よりも自分が一番信じている父ハン・ヒョンソプ(キム・チャンワン扮)に率直な感情を表わした。

また、ソンジュンが自分の状況について苦しみながらも、青い海の伝説 DVD父に向かっては恨みではなく、変わらない尊敬と愛する気持ちを表現し、見る人の胸を締め付けた。

ヒョヌは家の前でヒョンソプ(キム・チャンワン扮)とソンジュン(イ・テファン扮)と出会うや冷たい態度を見せて冷徹に背を向けたり、マルジャ(イ・ギョンミ扮)の病院を訪ねて過去に彼女が血液検査結果を操作して父親アルコール中毒者にした事実を殺気溢れる姿で脅迫する姿など、これまで隠してきた自身の正体を徐々に見せ始めて緊張感を高めた。

お父様私がお世話します DVD


続いて哀切なラブラインを描いていたジョンウン(イ・スギョン扮)にも、まだ残っている自身の感情を隠したままに冷たく目を逸らす姿まで見せ、より深まる彼の怒りを如実に感じさせた。

中でもキム・ジェウォンは、お父様私がお世話します DVD作品の中でついに自身の弟まで死に追いやったヒョンソプと町内の人々に復讐を決心し、愛する女性に向かう自分の気持ちをとどめるしかない、悲しい状況に処されたヒョヌの感情を自然と描き出した。

一方、ヒョヌがマルジャを刑務所に送って視聴者に衝撃を与えたのも暫し、恋のゴールドメダル DVDハン・ソンシク(ファン・ドンジュ扮)を脱税事件に巻き込まれるようにして今後ヒョンソプ一家に向かうまた別の復讐を予告して関心を高めている。