「音痴クリニック」ユン・サンヒョン“コミカルな演技には早期教育が一役買った”

デビュー7年で映画に初挑戦したユン・サンヒョンは、心臓が張り裂けそうな緊張と期待で胸が一杯であるかのように見えた。ユン・サンヒョンは「今年のコメディ映画は『音痴クリニック DVD』が制覇する」という大きな抱負を語り、自信を覗かせた。また、新人賞への期待も膨らんでいた。

ユン・サンヒョンは「今年は新人賞に強力な候補が多い。すでにたくさんの賞を受賞したキム・ソンギュンもそうだし、“ナプトゥク”で最高の人気を博したチョ・ジョンソクも手強い。また、僕と同じく映画に初挑戦したパク・シフも侮れない候補だ。ザプリズン DVD新人賞がもらえるかは分からないが、欲しいのは事実だ。『音痴クリニック』が500万人の観客を動員したら、もらえるだろうと思っている」と打ち明けた。

ドラマではすでにスターとなったユン・サンヒョンだが、映画界ではまだ新人にすぎない。そんな彼に、初映画に対する感想を聞いた。

音痴クリニック DVD


ユン・サンヒョンは大きく笑い「正直、映画をドラマのような感覚で撮った。キム・ジニョン監督はスピーディーに撮影を行った。何回も繰り返して同じシーンを撮ることはなかった。ほとんどが一発撮りで終わっていた。普通、映画は一つのシーンを一日中撮ることもあると聞いたが、『音痴クリニック DVD』はそうではなかった。まるでドラマ2本を3ヶ月に渡って撮ったような感じだった」と話した。

そのため、比較的余裕を持って演じることができ、徹夜の撮影がない代わりに親睦のための会食が多かったという。ワンライン DVD親しくなっていなければ違和感が漂いかねない撮影現場の雰囲気を和ませるために、キム・ジニョン監督が持ち出した方策だった。

ハン・ソッキュ&キム・レウォン主演映画「ザ・プリズン」韓国で3月に公開決定…2人の共演に“高まる期待”

俳優ハン・ソッキュキム・レウォンが、映画「ザ・プリズン」で3月の韓国劇場街に出撃する。

SHOWBOX側は2日午前、「『ザプリズン DVD』の公開時期を3月に確定した」と明らかにした。

これと共にキャラクタースチールカット4種類を初公開した。ハン・ソッキュキム・レウォンが引き受けたキャラクターのそれぞれ違った魅力を垣間見ることができる。

ハン・ソッキュは、今回の作品で悪役を引き受けて期待感を膨らませた。人生タクシー DVD彼は劇中囚人のチョン・イクホ役を受け持った。高官層らとある取り引きを通じて監獄中に完全犯罪を設計する、絶対権力者だ。圧倒的な眼差しでカリスマを披露する。

ザプリズン DVD


キム・レウォンはソン・ユゴンのキャラクターに扮した。音痴クリニック DVD一時検挙率100%のエリート警察だったがひき逃げ、証拠隠ぺいなどで刑務所に収監されたマヌケなキャラクターだ。歴代級の演技変身を予告して、今後繰り広げられる話に対する好奇心をくすぐる。

ザプリズン DVD」は、巨大な犯罪の温床となった刑務所を舞台に、皇帝のように君臨する犯罪組織のボスと、囚人になった元警察官の接戦を描く犯罪アクション映画だ。

「青い海の伝説」イ・ミンホ&ナ・ヨンヒ、涙の再会

SBS「青い海の伝説 OST」では、再会したホ・ジュンジェ(イ・ミンホ) とモ・ユラン(ナ・ヨンヒ) の様子が描かれた。

ジュンジェはこの日、シムチョン(チョン・ジヒョン) の助けを借りて母親のユランに会った。2人はお互いを見つめ驚きの表情を浮かべ、喜びの代わりに涙した。

カフェに入りジュンジェとユランはお互いに「元気だったか」と安否を尋ねた。

ユランは「ごめんね」と頭を下げた。ジュンジェはそのような母をなだめながら「それなりに暮らしていた。良い人ともたくさん会った」と述べた。

「お母さんに会いたかった」と言うジュンジェの言葉にユランはすすり泣き、花郎 OSTジュンジェはこれまで話せなかった言葉を吐露した。

青い海の伝説 OST


子供の頃に別れた母子の再会は、見る人々を切なくさせた。

また、シア(シン・ヘソン) を探すために行ったクラブでも、シムチョンは圧倒的な存在感を表し、人々の視線をひきつけた。シアと心理戦を繰り広げながらダンスバトルをするシムチョンはマクチュム(自分勝手に踊るダンス) でステージを圧倒した。青い海の伝説 OSTチョン・ジヒョンのとぼけたマクチュム演技は笑いを誘うと同時に、デビュー初期のテクノダンスで話題を集めたCMのシーンを連想させた。

このようにチョン・ジヒョンはコミカル、恋愛などジャンルを問わず素晴らしい演技力を披露して、さすがチョン・ジヒョンだという好評を得ている。空港に行く道 OST毎回グレードアップしたとぼけた演技で視聴者たちを楽しませているチョン・ジヒョンが、残りの5話でまたどんな新しい姿を披露するか関心が高まっている。

「シカゴ・タイプライター」ユ・アイン&イム・スジョン、前世でも激情キス

tvNシカゴ・タイプライター OST」でソ・フィヨン(ユ・アイン) は、日本軍に逮捕されたリュ・スヒョン(イム・スジョン) を助けないと決めた。

ソ・フィヨンはリュ・スヒョンとの初めての出会いを思い出した。リュ・スヒョンは過去、自分の命を救ってくれた覆面男を探していた。リュ・スヒョンはソ・フィヨンが幼いころに自分を救ってくれた覆面男だと確信していた。ミッションボディーガード OSTリュ・スヒョンは「ところで、どうして私は何度も嘘をついていると思われるの。その嘘がなぜしきりに悲しく感じられているの?」と切ない表情で話した。

結局、ソ・フィヨンはリュ・スヒョンのことを考えながら流れる涙を堪えられなかった。

シカゴ・タイプライター OST


セジュは前世で植民地時代の日本の走狗であるパク・テミン(クァク・シヤン) とシン・ユル(コ・ギョンピョ) が会っている様子を目撃した。シカゴタイプライター OSTそしてまたユ・ジノ(コ・ギョンピョ) により、現世に戻ってくることになる。セジュは前世で目撃した場面をもとに、スパイはシン・ユルではないかと疑った。

同じくチョン・ソルは自分の母親をスパイではないかと疑い、師任堂 OSTジノは前世でリュ・スヒョン(イム・スジョン) をスパイだと疑った。

『力の強い女ト・ボンスン』の脚本家にお願い…パク・ボヨン♥パク・ヒョンシクのデートシーン増やして!

『力の強い女ト・ボンスン』のキュートなカップル、永遠にラブラブな姿だけを見ていたい。
JTBCドラマ『力の強い女トボンスン OST』でト・ボンスン(パク・ボヨン)は、強力なパワーを失った。以前のように手でリンゴを絞ってジュースを作ることもできなくなった。

落ち込んでいるボンスンを優しく慰めたのはアン・ミンヒョク(パク・ヒョンシク)だった。ミンヒョクは「好き」と告白し、「僕たちもこれからは普通のカップルみたいに普通にデートしよう。彼女があまりにもスペクタクルで普通に過ごすことができない」とせがんだ。空港に行く道 OSTするとボンスンは「普通のデートをするのはいいけど、私はもう特別な人間なんかじゃない」と答えた。

ミンヒョクはボンスンの言葉を聞き逃さなかった。ミンヒョクは「僕は君が特別だろうがなかろうが関係ない。僕が望むのは君が幸せ、君が幸せならそれで充分だ」、「僕を信じて。これからはジャムのふたも僕が開けてあげるから」と頼のもしい言葉をかける。ミンヒョクの願い通り二人は普通のデートを楽しんだ。チョコレートを買って一緒に食べ、突然キスしたりもした。ボンスンはミンヒョクと一緒に食べる弁当を作り公園デートに出かけた。

力の強い女トボンスン OST


ト・ボンスンが「私をなんで訓練したの。分からなかったの」と言うと、アン・ミンヒョクは「分からなかった。おまえを愛することになるなんて分からなかった」と答えた。力の強い女トボンスン OSTだが、ト・ボンスンは「私にとって恋愛は贅沢なもの」とア・ンミンヒョクを拒んだ。危険な自分のそばにアン・ミンヒョクを置くことができなかったのだ。

そうした中、公開手配されているキム・ジャンヒョンから連絡がきた。ト・ボンスンは「卑劣に他の人に巻き込まないで私が相手にして」と言い、空港に行く道 OSTキム・ジャンヒョンは「おまえの友人を返したら、俺と結婚するか?」と場所を教えた。

「ザ・プリズン」ハン・ソッキュ“いつも演技については物足りないところがある”

韓国を代表する名俳優ハン・ソッキュが、先日公開された「ザプリズン DVD」(監督:ナ・ヒョン) に出演しスクリーンに復帰した。これまで26年間、約34本のドラマや映画に出演し、一度見たら忘れられないカリスマ性あふれる演技を披露してきた彼であるだけに、より一層期待が高まっている。

ハン・ソッキュは1990年代に「私たちの天国」「ソウルの月」「グリーンフィッシュ」「接続 ザ・コンタクト」「8月のクリスマス「シュリ」などの作品を経て、人生タクシー DVD2000年代に「恋の罠」「目には目、歯には歯」「2階の悪党」「ベルリンファイル」「尚衣院」などを通じて、鳥肌が立つほど立派な演技を披露し、韓国で多数のファンを確保している。

ザプリズン DVD


新作「ザ・プリズン」は、監獄に収容された暴力組織の第1人者チョン・イクホが、刑事の身分で刑務所に入所したソン・ユゴンに出会うことから繰り広げられるストーリーを描いた作品だ。俳優ハン・ソッキュがイクホ、キム・レウォンがユゴンを演じる。

ハン・ソッキュは悪役を演じたことはあるが、ザプリズン DVD今回は血も涙もない究極の悪人だ。ハン・ソッキュは、最近行われたOSENのインタビューで「初めてシナリオをもらった時、難しい撮影になりそうだと思ったが、俳優として一度やってみようと思った」と出演を決めた理由を明かした。イクホを演じるため、自身の基本的な条件を変えることまでして役に入り込んだという。

これまで作品を通じて、限りなく純情な姿や、ワンライン DVD正義に満ちたまじめな姿を見せてきた彼が「ザ・プリズン」では狂気と欲望に満ちた男性らしい人物を演じ、イメージチェンジを果たした。ハン・ソッキュ本人は情にもろく、まっすぐな性格だが、究極の悪役である組織のボス、イクホの姿も不自然に見えることはなかった。

「耳打ち」16話 イ・ボヨンの痛快な逮捕リレー…クォン・ユル&パク・セヨンOUT

SBS月火ドラマ『耳打ち DVD』でシン・ヨンジュ(イ・ボヨン扮)がカン・ジョンイル(クォン・ユル紛)とチェ・スヨン(パク・セヨン扮)2人に手錠をかける姿が描かれた。

これに先立ってヨンジュはジョンイルを逮捕しに行ったが一歩手前で逃した。ジョンイルはチョ・ギョンホ(チョ・ダルファン扮)を利用して密航しなければならないほど窮地に追い込まれた。

ソン・テゴン(キム・ヒョンムク扮)はヨンジュにスヨンとジョンイルを刺激するように助言した。ヨンジュはスヨンを呼んで、推理の女王 DVD彼女の発言をマスコミに流しジョンイルの余罪まで公開してジョンイルの怒りを煽った。

続いてギョンホのマカオ行きの密航船を用意した中で、ジョンイルはスヨンと最後の出会いの場を持った。ジョンイルは「一緒に行こう」と涙を流しながらスヨンの心を揺さぶった。ジョンイルはギョンホに録画した映像を送信すると、悪魔の笑顔で逆転をお見舞いした。しかしギョンホの裏切りでジョンイルは最後まで抜け出せない状況に追い込まれた。

耳打ち DVD


以後イ・ドンジュン(イ・サンユン扮)は、耳打ち DVD逃げようとするジョンイルに立ちはだかり、肉弾戦を繰り広げた。

ドンジュンは毒気が最高潮に達したジョンイルが投げた植木鉢が当たりそうになった瞬間、ヨンジュの助けを借りて命拾いした。

ついにヨンジュはキム・ソンシク記者の殺害容疑でジョンイルに手錠をかけた。また、ヨンジュはジョンイルの秘密資金を明らかにする一方、名前のない女 DVDスヨンの殺人隠蔽と同調の事実まで確保して、2人を同時に逮捕する快挙を成し遂げた。